バンコクの 朝と夜

①ホテルのバイキング料理
a0072292_15193668.jpg
a0072292_15194958.jpg
a0072292_15201361.jpg

(珍笑記・その4)
朝食のバイキングで Little!Little!???
バンコクのモンティエン リバーサイド ホテルは 文字通り河に面した大きな新しいホテルです。
ここでの朝食は グランドフロアの大きなレストランで、たくさんのボーイやメイドさんがいます。
朝食は バイキングスタイルでデザートを含め 種類が豊富で、
安いビジネスホテルのバイキングのように 品切れになる心配は ありません。

 ここのボーイさんは 若くてきびきびした動きで働いています。
食事が終わりに近づいたころ 手際よく空いたお皿を片付けていきます。

そのとき 日本語だけが堪能な女性が 叫びました。『ちょっと!ちょっと!』
ボーイは 状況から判断したのかどうか デザートが1つ残っているお皿を、テーブルに戻しました。
私たちには よく分かりませんでしたが、その女性が 言うのには、一番好きなデザートは最後に食べたかったのに、持っていかれそうだったので、言っただけ。
何と言えばよかったの。
ちょっとだから 『little ! Little!』で良かったの (@_@;)。

a0072292_15391573.jpg

ここから 【 夜の部 】



a0072292_15294472.jpg
a0072292_1530097.jpg

(珍笑記・その5)
兄の誕生日を わざと間違える妹。
ここのホテルでは 夜は生演奏で歌を歌ってくれます。
愛嬌のあるメィドは カメラを持っているのをみると自分から写真撮りましょうかと申し出てくれます。
お酒を飲みながら 旅の話している時、歌い終えた歌手がテーブルの横を通りました。
その時「Today is birthday」と彼女が言ったら OKの返事が返ってきた。
Happy birthdayの歌を歌ってくれる承諾の返事だった。

その兄は ちょっと待て誕生日は 10月だと 小声で言った。
妹は それを覚えていたが、みんなに Happy birthdayの歌を聞かせたい、一緒に歌いたいと気を利かせたのでした。

ただこの兄は 今日は何日だと つぶやいた。

この後 みんなでハッピーバースデイの歌を歌い、そのあとも日本語の歌、
「谷村新司の 昴」 を 歌ってくれた。

24階の部屋からの眺め
a0072292_15404478.jpg

ラマ八世橋(Rama Ⅷ Bridge)の 朝と夜の 眺め
a0072292_15435375.jpg
a0072292_15441632.jpg

[PR]
by tugumi-travel-1 | 2006-06-28 17:30 | 海外旅行;東南アジア
<< バンコクの一日/暁の寺院 アユタヤ遺跡と ありがたいお話し >>